【米国株積立】エナジェス(WATT)(2021年1月末)

エナジェス(WATT)は、WattUp®テクノロジーで、次世代のワイヤレス充電をリードする会社です。
これまでにもWattUpワイヤレス充電技術について215件超の特許を取得しているそうです。

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. 検証の前提
  6. エナジェス(WATT)を6年前から毎月積立していたら、、、
  7. まとめ

概要

Wireless Charging2.0テクノロジーのグローバルリーダーです。WattUp®ソリューションは、完全に互換性のあるエコシステムを通じて接触充電と距離充電の両方をサポートする唯一のテクノロジーです。高速で効率的でスケーラブルなRFベースの充電技術の上に構築されたWattUpは、電力、効率、外部デバイスの検出、移動の自由、家電製品の全体的なコストにおいて、古い第1世代のコイルベースの充電技術を大幅に改善する立場にあります。Energousは、シリコンベースのワイヤレス電力伝送(WPT)テクノロジとカスタマイズ可能なリファレンスデザインを開発し、世界規模の規制支援、信頼性の高いサプライチェーン、品質保証、およびグローバルな顧客への販売と技術サポートを提供しています。同社は、遠隔ワイヤレス充電で世界初のFCC Part 18認定を取得し、これまでにWattUpワイヤレス充電技術で230件の特許を取得しています。

IPOしたのが2014年3月28日です。

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

画像2
画像3

検証の前提

検証に際しては、当時の終値に当時の為替レートを乗じて計算しています。配当金はドル建てで保有し続け、各月末の為替レートで換算し評価額に加えてます。
きっかり1万円は取得できないので、1万円のうち余った分は翌月に繰越です。(1株5万円ぐらいするならば、5ヶ月後にやっと1株投資する計算。)
手数料・税金等は全く無視しています。

エナジェス(WATT)を6年前から毎月積立していたら、、、

画像4
画像5

6年前から毎月積み立て開始していた場合、
積み立て1万/月×6年=80万が評価額50万(約0.6倍)
になりました。

まとめ

積立投資でも、まだ恩恵を受けれていません。株価も上場来、低迷していますが、来期以降、計画通り売上が上がれば、株価も上昇していくのではないでしょうか。

【5日間無料キャンペーン中】Kindle本

Kindle書籍『米国株100図鑑』、7/15(木)~7/19(月)がKindle無料キャンペーン中になっています。

ご興味がある方は期間限定で、【無料】なので是非、見てみてください。

米国株100図鑑 | タマル | 株式投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonでタマルの米国株100図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました