【米国株積立】クリーンスパーク(CLSK) (2020年12月末)

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. まとめ

概要

クリーンスパーク(CLSK)は、マイクログリッドおよび分散型エネルギー資源管理システムと革新的な戦略および設計サービスのためのソフトウェアとインテリジェント制御を提供します。同社は、エネルギーユーザーが回復力と経済的最適化を実現できるようにする高度なエネルギーソフトウェアと制御技術を提供しています。当社のソフトウェアは、マイクログリッドをユーザーの特定のニーズに合わせて拡張できる独自の機能を備えており、商業、産業、軍事、農業、地方自治体の展開全体に幅広く実装できます。当社の製品とサービスは、インテリジェントなエネルギー制御、マイクログリッドモデリングソフトウェア、およびビジネスの変革と成長を支援する設計、テクノロジー、およびビジネスプロセス方法論におけるイノベーションコンサルティングサービスで構成されています。

※マイクログリッドは一定の地域において、すべての電力負荷を分散型電源から供給する小規模電力系統です。 分散型電源は発電機、太陽光・風力・水力・バイオマス発電、蓄電池、EVなどで構成します。

マイクログリッドの世界市場は急速に拡大しています。Navigant Researchによると、マイクログリッドの世界市場では、2020年から2029年にかけて28%の複合年間成長率が400億ドル近くになると予想されています。

IPOしたのが2016年11月16日です。まだ日が浅いです。

会社HP

CleanSpark Microgrid Software | Microgrid Controls | Energy Storage Proposal SoftwareCleanSpark is Software That Makes Microgrids Happen. Our Intewww.cleanspark.com

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

2020年9月期の収益(発表2020年12月17日)
ハイライト
2020年度の収益は10百万ドル を超え 、前年度の 450万ドル から122%増加 しました。収益が2倍以上になったのは3年連続になります。
粗利益率は、前年の14.9%および 67万ドルと比較して、21.1%増加して 212万ドル になりました。
営業損失は、 前年度と比較して1,470,729ドル 改善し ました。
純損失は、前年度と比較して2,770,780ドル 改善し ました。
GridFabricおよびp2klabsの買収完了。
買収した両社はキャッシュフローにプラス。

画像2
画像3

まとめ

2020年9月期のコメントによると、「当社は、当社の事業のやや周期的な性質が継続することを期待している。一例として、2020年度の売上高の約10%が2020年 12月31日 に終了する四半期に実現されました。 この傾向は2021年度も続くと予想され、第2四半期と第3四半期が再び最強になると予測しています。」とあります。計画通りの成長を達成できれば、株価も力強く上昇するのではないかと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました