【米国株積立】クリーヴランド クリフス(CLF) (2020年12月末)

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. まとめ

概要

クリーヴランド クリフス(CLF)は、1847年に設立され伝統的に米国で最大かつ最古の独立した鉄鉱石採掘会社です。2020年、クリーブランドクリフスは、米国で2つの著名な鉄鋼会社を買収しました。2020年3月にAKスチールを買収し、同社の高級製鋼への最初の参入となりました。米国中心の戦略により、AKスチールへの投資は完全に適合し、米国での自動車の生産と製造に関する当社の前向きな将来の見通しと一致していました。クリーブランドクリフスが完全に統合された高価値の鉄鋼企業に変革するための第2の最後のステップは、2020年12月にArcelorMittalUSAを買収したことで完了しました。

クリーヴランド クリフス(CLF)は、北米で最大の平鋼会社であり、最大の鉄鉱石ペレット生産者です。同社は、鉱業から製鉄、製鋼、圧延、仕上げ、そして下流に至るまで、鉄鋼部品のホットスタンプとコールドスタンプで垂直統合されています。

クリーヴランド クリフス(CLF)には、鉄鉱石ペレット、ホットブリケット鉄(HBI)原料、原料炭など、製鋼用の原料を自給自足で生産できるという独自の利点があります。

クリーヴランド クリフス(CLF)がその存在感を拡大するにつれて、持続可能なビジネスモデルは明らかにすべての利害関係者の最善の利益であり、長期的な競争上の優位性を確保するための最も確実な方法です。安全性と環境管理の強力な遺産に基づいて構築されたCliffsは、責任を持って運営され、地球上で最もリサイクルされた材料でもあるクリーンスチールの生産を可能にする環境に優しい鉄鉱石ペレットを生産します。鉄鋼のリサイクルや水の再利用などの主要な環境プロセスへの焦点から、企業および社会的責任まで、持続可能性は企業の価値と運営の中核です。

IPOしたのが1973年2月21日です。

会社HP

Cleveland-Cliffs Inc. – Homewww.clevelandcliffs.com

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

2020年9月期の収益(発表2020年10月23日)
ハイライト
第3四半期の純利益は200万ドル
第3四半期の調整後EBITDAは1億2600万ドル
第3四半期の営業活動による現金2億4600万ドル
前年度の第3四半期の連結売上高が5億5600万ドルであったのに対し、総売上高は16億ドルでした。

画像2
画像3

まとめ

2020年9月期のコメントによると、「新たに取得した鉄鋼資産で実施してきた新しいビジネスのやり方は、全社にわたる強力なコストパフォーマンスによって実証されており、需要の改善と販売価格の上昇の恩恵を受けることができます。第3四半期は、6月とそれほど変わらない7月の潜在需要によりゆっくりと始まりましたが、事業活動は四半期を通じて徐々に改善し、9月には前年の水準に正規化された出荷率を達成しました。この勢いは10月まで続いており、第4四半期の業績がさらに改善されることを楽しみにしています。」とあります。

買収によって売上が激増する予定です。今の状況下で買収を実行できたのは自力がある証拠だと思いますし、今後に期待です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました