【米国株積立】スーパー リーグ ゲーミング(SLGG) (2020年12月末)

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. まとめ

概要

スーパー リーグ ゲーミング(SLGG)は、世界中の日常のゲーマーにライブおよびデジタルのeスポーツエンターテインメントを直接提供しています。スーパーリーグは、日常のゲーマーが大好きなビデオゲームを楽しみながら、他の人とつながり、交流するための複数の方法を提供する、主要なゲームコミュニティおよびコンテンツプラットフォームです。特許取得済みの独自技術システムを搭載したスーパーリーグは、プレーヤーが友人と共有できるゲームプレイ主導のエクスペリエンスを作成する機能、デジタルチャネルやソーシャルチャネル全体でライブストリーミングブロードキャストやゲームプレイのハイライトを視聴する機会、イベントやイベントに参加する機会を提供します。複数のスキルレベルにわたる勝利と成果を祝うために設計された課題。スーパーリーグは、世界で12を超えるトップビデオゲームタイトルをフィーチャーしたゲームプレイとコンテンツの提供により、ゲーム、エクスペリエンス、エンターテインメントの交差点で、幅広く包括的なグローバルブランドを構築しています。

IPOしたのが2019年2月26日です。まだ日が浅いです。

会社HP

Super League Gamingwww.superleague.com

Super League Website Video

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

2020年第3四半期の収益(発表2020年11月11日)
ハイライト
当社の歴史上最高の四半期収益であり、前年度から105%増加しました。
低コストのデジタルアクティベーションを反映して、粗利益率は54%です。
営業費用は前年同期と比べて比較的横ばいです。
主要業績指標(KPI)
登録ユーザー数は、2019年末の100万人に対し、144%増の240万人です。
エンゲージメント時間は、2019年通年の1500万時間に対して、218%増加して4770万時間のゲームプレイになりました。
視聴者のインプレッション数は14億に増加し、2019年通年のレベルのほぼ12倍になりました。

画像2
画像3

まとめ

KPIが順調に伸びているので、これから先にも期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました