【米国株積立】ビュージックス(VUZI)(2021年4月末)

概要

ビュージックス(VUZI)は、消費者および企業市場向けのスマートグラスおよび拡張現実(AR)テクノロジーおよび製品の大手サプライヤーです。同社の製品には、ユーザーにポータブルで高品質の視聴体験を提供し、モビリティ、ウェアラブルディスプレイ、拡張現実のソリューションを提供するパーソナルディスプレイとウェアラブルコンピューティングデバイスが含まれます。ビデオアイウェア分野で179の特許と出願中の特許、および多数のIPライセンスを保有しています。同社は、2005年から2020年までのイノベーションに対してConsumer Electronics Show(またはCES)賞を受賞し、いくつかのワイヤレステクノロジーイノベーション賞を受賞しています。

拡張現実(AR)メガネ、バーチャルリアリティ(VR)メガネ、スマートグラスの形で、ヘッドマウントディスプレイ(またはHMD)とも呼ばれるウェアラブルディスプレイデバイスの設計、製造、マーケティング、販売を行っています。
ウェアラブルディスプレイ製品は、仮想の大型高解像度画面を提供し、ユーザーのポケットやハンドバッグに収まり、事実上どこでも、いつでも見ることができます。また、VRおよびARアプリケーションにも使用できます。このアプリケーションでは、着用者はコンピューターで生成された世界に没頭するか、コンピューターで生成された情報やグラフィックで現実世界のビューを拡張します。

ウェアラブルディスプレイ製品には、主に2つのタイプがあります。
スマートグラス→ARを含むさまざまなエンタープライズおよび商用ユーザーおよびアプリケーション向け。
ビデオビューインググラス→エンターテインメント、ゲーム、および仮想世界へのステップイン、シミュレーション、VRゲームのサポートとしてのモバイルディスプレイとしての外出中のユーザー向け。

IPOしたのが2010年4月5日です。

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

画像2
画像3

検証の前提

検証に際しては、当時の終値に当時の為替レートを乗じて計算しています。配当金はドル建てで保有し続け、各月末の為替レートで換算し評価額に加えてます。
きっかり1万円は取得できないので、1万円のうち余った分は翌月に繰越です。(1株5万円ぐらいするならば、5ヶ月後にやっと1株投資する計算。)
手数料・税金等は全く無視しています。

ビュージックス(VUZI)を10年前から毎月積立していたら、、、

画像4
画像5

10年前から毎月積み立て開始していた場合、
積み立て1万円/月×10年=120万円が評価額750万円(約6倍)
になりました。

ビュージックス(VUZI)を11年前から毎月積立していたら、、、

画像6
画像7

11年前から毎月積み立て開始していた場合、
積み立て1万円/月×11年=130万円が評価額800万円(約6倍)
になりました。

まとめ

スマートグラスの売上が伸び計画通りの成長を達成できれば、株価も力強く上昇するのではないかと期待しています。

kindle

Kindle書籍『米国株1000図鑑』

米国株1000図鑑 | タマル | 株式投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonでタマルの米国株1000図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

Kindle書籍『日本株300図鑑』

日本株300図鑑 | タマル | 株式投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonでタマルの日本株300図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ご興味がある方は、Kindle Unlimitedなら、いつでも無料ですのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました