【米国株積立】ビュージックス(VUZI) (2020年12月末)

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. まとめ

概要

ビュージックス(VUZI)は、消費者および企業市場向けのスマートグラスおよび拡張現実(AR)テクノロジーおよび製品の大手サプライヤーです。同社の製品には、ユーザーにポータブルで高品質の視聴体験を提供し、モビリティ、ウェアラブルディスプレイ、拡張現実のソリューションを提供するパーソナルディスプレイとウェアラブルコンピューティングデバイスが含まれます。ビデオアイウェア分野で179の特許と出願中の特許、および多数のIPライセンスを保有しています。同社は、2005年から2020年までのイノベーションに対してConsumer Electronics Show(またはCES)賞を受賞し、いくつかのワイヤレステクノロジーイノベーション賞を受賞しています。

拡張現実(AR)メガネ、バーチャルリアリティ(VR)メガネ、スマートグラスの形で、ヘッドマウントディスプレイ(またはHMD)とも呼ばれるウェアラブルディスプレイデバイスの設計、製造、マーケティング、販売を行っています。
ウェアラブルディスプレイ製品は、仮想の大型高解像度画面を提供し、ユーザーのポケットやハンドバッグに収まり、事実上どこでも、いつでも見ることができます。また、VRおよびARアプリケーションにも使用できます。このアプリケーションでは、着用者はコンピューターで生成された世界に没頭するか、コンピューターで生成された情報やグラフィックで現実世界のビューを拡張します。

ウェアラブルディスプレイ製品には、主に2つのタイプがあります。
スマートグラス→ARを含むさまざまなエンタープライズおよび商用ユーザーおよびアプリケーション向け。
ビデオビューインググラス→エンターテインメント、ゲーム、および仮想世界へのステップイン、シミュレーション、VRゲームのサポートとしてのモバイルディスプレイとしての外出中のユーザー向け。

IPOしたのが2010年4月5日です。

会社HP

Vuzix | Vuzix is a Leading Developer of Smart and Augmented Reality GlassesVuzix is an American multinational technology firm headquartewww.vuzix.com

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

画像2
画像3

2020年9月期の収益(発表2020年11月9日)
ハイライト
2020年9月30日に終了した3か月間の総収益は、2019年の比較対象期間の120万ドルから280万ドルに増加しました。この増加は、Vuzixスマートグラス製品の売上高が前年比160万ドル(156%)増加したことによるものです。2020年9月30日に終了した3か月間の総利益は30万ドルでしたが、2019年の同時期の総損失は20万ドルでした。

まとめ

2020年9月期のコメントによると、「第3四半期にすべて重要な成長貢献者であったヘルスケア、フィールドサービス、製造部門は引き続き力強さを示しており、これらのセグメントは2020年以降も当社の堅調な成長ドライバーであり続けると予想しています。第4四半期は、10月のスマートグラスの売上高が過去最高の1か月であり、素晴らしいスタートを切りました。その結果、今日、私たちはスマートグラスの売上高を継続的に成長させる強力な立場にあると確信しています。」としています。スマートグラスの売上が伸び計画通りの成長を達成できれば、株価も力強く上昇するのではないかと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました