【米国株積立】ブリンク・チャージング(BLNK) (2020年11月末)

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. まとめ

概要

ブリンク・チャージング(BLNK)は、電気自動車(EV)の充電ステーションの設計・製造・所有・運用を行っています。世界のEV購入は、2019年の約200万台から2025年までに1,000万台に増加すると予測されています。Blinkは最も要求の多い場所(駐車場、集合住宅、ヘルスケア、教育施設、職場やホスピタリティなど)でEV充電ネットワークを拡大することに取り組んでいて、もうすでに23,000以上の充電ステーションを配備しているそうです。

IPOしたのが2009年12月21日です。

会社HP

Blink Charging : EV Charging Stations for Businesses & EV DriversBlink Charging provides fast, level 2 EV Charging Stations anwww.blinkcharging.com

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

画像2
画像3

2020年第3四半期の収益(発表2020年11月12日)
第3四半期決算概要:
9か月の収益は84%増加して380万ドルになりました。2019年通年の総収益280万ドルを超える見込みです。25の州で668のEV充電ステーションが販売、展開、または買収されました。ロジスティクス、出荷の遅延、使用率に影響を与える運転パターンの減少などのパンデミックが続いているにもかかわらず、2020年の第3四半期も勢いが続きました。

まとめ

EVが本格的に普及すれば、EV充電ステーションの運営を行うブリンク・チャージング(BLNK)にも大きな恩恵が得られると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました