【米国株積立】ボックスライト (BOXL) (2020年12月末)

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. まとめ

概要

ボックスライト (BOXL)は、世界の学習市場向けのテクノロジーソリューションの大手プロバイダーです。同社は、必要な製品を開発することにより、教室での学習と関与を改善し、教育者が生徒の成果を向上させるのを支援することを目指しています。同社は、ソフトウェア、クラスルームテクノロジー、専門能力開発およびサポートサービスを含む、統合されたインタラクティブなソリューションスイートを開発、販売、およびサービスしています。

フラットパネル、プロジェクター、周辺機器、アクセサリーなどのインタラクティブテクノロジーを設計・製造し、教育市場に配布しています。
また、ロボット工学やコーディングシステム、3次元(3D)印刷ソリューション、ポータブルサイエンスラボなど、科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学の製品も配布しています。
すべての製品は、クラス全体の学習、評価、及びコラボレーションのためのツールを提供する教室用ソフトウェアスイートに統合されます。
また、カスタマイズされたプログラム、オンライン認定、対面コースなどの専門能力開発とトレーニングリソースを教育者に提供しています。
設置、トレーニング、コンサルティング、メンテナンスなどのサービスをクライアントと顧客に提供します。
製品は約60か国で販売され、ソフトウェアは約33を超える言語で利用できるそうです。

IPOしたのが2017年11月30日です。まだ日が浅いです。

会社HP

https://mimio.boxlight.com/

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

2020年第3四半期の収益(発表2020年11月16日)
ハイライト
収益は16%減少して950万ドルになりました。
顧客の注文は37%増加して930万ドルになりました。
売上総利益は21.4%に減少。
営業費用は18%減少して380万ドルになりました。
純損失は792%増加して420万ドルになりました。
EPS損失は117%増加して$(0.10)になりました。
サハラプレゼンテーションシステムを6300万ポンドで買収。
The Lind Partnersから2200万ドルの投資を受け、3450万ドルのセカンダリーオファリングを終了しました。

画像2
画像3

まとめ

第3四半期のコメントによると、「感染症の影響など、いくつかの要因により、第3四半期の売上高と粗利益は予想を下回りましたが、第4四半期には需要が増加し、2,700万ドルを超える収益とプラスの調整EBITDAが見込まれます。私たちは驚異的な第4四半期と2021年度に取り組んでおり、売上総利益とプラスの収益を改善し、力強い収益成長に再び焦点を合わせています。」とあります。2021年12月期に計画通りの成長を達成できれば、株価も力強く上昇するのではないかと期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました