【米国株積立】 フルジェント ジェネティクス(FLGT) (2021年2月末)

フルジェント ジェネティクス(FLGT)は、患者ケアの質向上のため、幅広い遺伝子テストを医師に提供するバイオテクノロジー企業です。
分子診断テストは、パンデミック時の緊急使用許可(EUA)に対してFDAの承認を受けています。

目次

  1. 概要
  2. 会社HP
  3. チャート
  4. 業績
  5. 検証の前提
  6. フルジェント ジェネティクス(FLGT)を4年前から毎月積立していたら、、、
  7. まとめ

概要

フルジェント ジェネティクス(FLGT)は、ミッションとして、周りの人々の日常生活を改善する柔軟で手頃な遺伝子検査を開発することを掲げています。2011年に設立されたFulgentは、柔軟性と手頃な価格という2つの簡単なアイデアから始まりました。今日、市場で最も効果的で幅広いテストを作成するよう努めています。これらはすべて、お客様の日常生活の向上を目指して行われています。
遺伝学、分子生物学、コンピューターサイエンスの分野を統合することにより、遺伝子シーケンシング、スケーラビリティ、およびデータ分析の卓越性を追求します。
18,000以上の単一遺伝子、800以上の希少疾患検査、全ゲノムシーケンス、全ゲノムコピー数多型分析、ミトコンドリアシーケンス、およびCLIA / CAP品質シーケンスサービスを提供しています。

IPOしたのが2014年7月25日です。

チャート

画像1

(画像元:Yahoo!finance)

業績

画像2
画像3

検証の前提

検証に際しては、当時の終値に当時の為替レートを乗じて計算しています。配当金はドル建てで保有し続け、各月末の為替レートで換算し評価額に加えてます。
きっかり1万円は取得できないので、1万円のうち余った分は翌月に繰越です。(1株5万円ぐらいするならば、5ヶ月後にやっと1株投資する計算。)
手数料・税金等は全く無視しています。

フルジェント ジェネティクス(FLGT)を4年前から毎月積立していたら、、、

画像4
画像5

4年前から毎月積み立て開始していた場合、
積み立て1万/月×4年=50万が評価額750万(約14倍)
になりました。

まとめ

直近で急上昇しています。ポテンシャルはあると思いますので、今後どうなっていくのか期待しています。

【5日間無料キャンペーン中】Kindle本『米国株500図鑑』

Kindle書籍『米国株500図鑑』、8/1(日)16:00~8/6(金)16:00の間、Kindle無料キャンペーン中になっています。

米国株500図鑑 | タマル | 株式投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonでタマルの米国株500図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。


ご興味がある方は、期間限定【無料】なので是非、見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました