世界全体ETF(VT)を12年間毎月積立投資していた場合を検証する。VTIとの比較も。(2021年3月末)

米国ETFであるバンガード トータル ワールド ストックETF(VT)を設定来12年間、毎月積立投資していたらどうなったのかを検証しました。

目次

  1. 概要
  2. チャート
  3. 検証の前提
  4. VTを10年前から毎月積立していたら、、、
  5. VTを12年前から毎月積立していたら、、、
  6. 米国(VTI) VS 全世界(VT) 10年比較
  7. まとめ

概要

VTは、米国を含む全世界の先進国株式市場および新興国株式市場を投資対象とし、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスに連動したパフォーマンスを目指します。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは、全世界の大型、中型、小型株の市場パフォーマンスを測定し、先進国や新興国市場を含む約47ヵ国の約8,000銘柄で構成されています。

VTの構成銘柄は、Apple 3.1%、Microsoft 2.6%、Amazon 2.2%、Facebook 1.1%、Alphabet 1.6%と上位5社で10.6%になっています。

チャート

画像1

VTのチャートです。(画像元:Yahoo!finance)

検証の前提

検証に際しては、当時の終値に当時の為替レートを乗じて計算しています。配当金はドル建てで保有し続け、各月末の為替レートで換算し評価額に加えてます。
きっかり1万円は取得できないので、1万円のうち余った分は翌月に繰越です。(1株5万円ぐらいするならば、5ヶ月後にやっと1株投資する計算。)
手数料・税金等は全く無視しています。

VTを10年前から毎月積立していたら、、、

画像2
画像3

10年前から毎月積み立て開始していた場合、
積み立て1万円/月×10年=120万円が評価額230万円(約2倍)
になりました。

VTを12年前から毎月積立していたら、、、

画像4
画像5

12年前から毎月積み立て開始していた場合、
積み立て1万円/月×12年=150万円が評価額350万円(約2倍)
になりました。

米国(VTI) VS 全世界(VT) 10年比較

画像6
画像7

10年積立比較では、結構な差が出てきていると思いませんか?

まとめ

VTは、全世界株式をを一つにまとめたETFであり、非常に安定的だと思います。しかし、現状、米国株を一つにまとめたETFであるVTIにパフォーマンスで劣後しています。なんとなく、差は開いていく一方の気がします。

kindle

Kindle書籍『米国株1000図鑑』

米国株1000図鑑 | タマル | 株式投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonでタマルの米国株1000図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

Kindle書籍『日本株300図鑑』

日本株300図鑑 | タマル | 株式投資 | Kindleストア | Amazon
Amazonでタマルの日本株300図鑑。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

ご興味がある方は、Kindle Unlimitedなら、いつでも無料ですのでよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました