S&P500ブル3倍ETF(SPXL)を12年間毎月積立投資していた場合を検証する。(2020年11月末)

米国ETFであるSPXL(S&P500ブル3倍ETF)を設定来12年間毎月積み立てたらどうなったのかを検証しました。

目次

  1. 概要
  2. チャート
  3. 検証の前提
  4. SPXLを10年前から毎月積立していたら、、、
  5. SPXLを12年前から毎月積立していたら、、、
  6. まとめ

概要

SPXLは、S&P500インデックスの300%のパフォーマンス(手数料および経費控除前)に連動する投資成果を目指しています。

チャート

画像1

SPXLの2年チャートになります。

検証の前提

検証に際しては、当時の終値に当時の為替レートを乗じて計算しています。

配当金はドル建てで保有し続け、各月末の為替レートで換算し評価額に加えてます。

きっかり1万円は取得できないので、1万円のうち余った分は翌月に繰越です。(1株5万円ぐらいするならば、5ヶ月後にやっと1株投資する計算。)

手数料・税金等は全く無視しています。

SPXLを10年前から毎月積立していたら、、、

画像2
画像3

10年前から毎月積み立て開始していた場合、

積み立て1万円/月×10年=120万円が評価額600万円(約5倍)

になりました。

SPXLを12年前から毎月積立していたら、、、

画像4
画像5

12年前から毎月積み立て開始していた場合、

積み立て1万円/月×10年=140万円が評価額1160万円(約8倍)

になりました。

まとめ

SPXLには相応のリスクがあるものの魅力を感じます。コロナショック時に立ち向かえば爆益でした。

Amazon Kindleで出版しました。
名付けて「米国株100図鑑」。
Kindle Unlimited なので無料です。
ぜひ、見てみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました